トップページ | 2005年1月 »

2004.12.27

トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ/オジー・オズボーン

トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ
トリビュート~ランディ・ローズに捧ぐ/オジー・オズボーン

Amazonで期間限定で10%offだったので、昔を懐かしんで買いました。
アナログ盤は持ってて良く聞きました。

私が高校生ぐらいのときから、絶大な人気を誇っていたオジー、というかランディ。毎年2月か3月かぐらいになるとよくギター雑誌に特集が組まれていました。S.A.T.O.もよくコピーしました。

このアルバムは、ランディが亡くなってかなり経ってから出されたもので、当時は「ランディ」に捧ぐんならドラムソロは余計だ、とか、当時のギタリストのジェイク・E・リーが居てるのに失礼だ、などいろいろ言われていましたが、公式には唯一のランディのライブ音源が聞けるのはファンに知ってはうれしい限りです。

最近はランディ・ローズの人気ってどうなんですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.26

噂 / Fleetwood Mac


噂(リマスター&ボーナス・ディスク・エディション)

LiveVideo、タンゴ・イン・ザ・ナイトを見て思わず買ってしまいました。

Fleetwood Macといえば、子供のころ?スティーヴィー・ニックスのソロアルバムが流行っていて、結構好きでした。なので、そういうPOPS系のバンドだと思っていたのですが、学生時代のバイト仲間がピーター・グリーンが好きだった影響で、スティーヴィー・ニックス参加後とは全然違うホワイトブルースの英吉利の薔薇を良く聞いていたので、1000万枚以上売れた超有名なアルバムというのは知っていたのですが、なかなか聞くチャンスがありませんでした。と言うことで、今回初めてピーター・グリーン時代以外のFleetwood Macのアルバムを聞きましたが、さすがに1000万枚も売っただけの事はある、上質なPOPアルバムでした。
久しぶりに聞くスティーヴィー・ニックスの声がたまりませんねぇ。

これは、70年代の雰囲気が良く味わえる、(打ち込みではない)アコースティックなサウンドが聞けるなかなかおすすめなアルバムです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.24

タンゴ・イン・ザ・ナイト


タンゴ・イン・ザ・ナイト
タンゴ・イン・ザ・ナイト

昔、NHKのBSで放送されていたのを録画していました。
大ヒットした同名のアルバムを引提げてのツアーの模様を収録したもの。
しかし、オープニングか違うアルバム(『噂』)の曲"ザ・チェイン"で始まるのは、それでいいの?と思いますが、内容はなかなか良かったです。

サウンドなんかは、まあ洋楽のLIVE版はかなり後から手を加えていることが多いので、そんなにLIVE感はない(エコーがかかっていないって言うのかな)です。聞きやすいですけどね。

ただ、画質はかなりの「ソフトフォーカス」で、これは古いビデオテープでさらにノーマルVHSの3倍モードだからかなって思ってたら、もともとかなり「ソフトフォーカス」気味の映像だったようです。また、スティーヴィー・ニックスのアップが多いのもちょっと気になります。いかにもすぎ!

リンジー・バッキンガムはいませんが、結構満足できます。思わず70年代の大ヒットアルバム『噂』も買っちゃいました。録画していて大正解でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Recording

録りためたビデオの中からDVDへダビングした番組なんかを紹介していこうと思います。
基本的に音楽番組、特にLiveVideoが中心になると思います。

The Recording vol.6

WOWOWで放送された番組です。'95年ごろ?'92年のようです。
内容は、大村憲司、村上ポンタ秀一、井上 鑑、チャカなどのメンバーがゲストミュージシャンを迎えてセッションしたものをレコーディングするのをドキュメントするというもの。

で、この回はCharと、金子マリ!金子マリですよ、金子マリ!
元々はCharが、というかJohnny,Louis& Charが好きだったのですが、分かる人は分かると思いますが、必然的に金子マリも好きになってしまいました。なんてったって、下北沢のジャニス・ジョプリン。日本のロック女性ボーカルの元祖ですからね。
その金子マリの映像が見られるなんて、そうそうありません。
"Time After Time"や自身のソロアルバムでも歌ったユーミンの"DANG DANG"や"LEAN ON ME"等を熱唱。
これは貴重です。

また、お互い長いキャリアの中で今回が初対面だったという、Charと故大村憲司とのギターバトルも見物。
二人のアコースティックギターによるHERE,THERE & EVERYWHEREは鳥肌物です。
Charは後に大村憲司トリビュートLiveにもゲストで参加していました。

でも私にとっての一番の収穫は、オープニングでCharと金子マリが来るまでにチャカが歌ってレコーディングした、中山美穂の"ロゼカラー"のカバー。
なかなかいい曲じゃないですか。思わずオリジナルが聴きたくなっちゃいましたよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.12.21

Live in Germany '76 / Rainbow

Live in Germany '76
Live in Germany '76

Rainbowの、あのStargazerのライブバージョンが聴ける!と言うので買いました。
昔バンドでドラムをやってたこともあり、今は亡きコージーのドラムを堪能できると思ったのですが・・・。
あのイントロでの大迫力のドラムが・・・聴けませんでした。アレンジか違いました。

Amazonのレビューにもあるように、ドラムが遠くで鳴っているようなミキシングでいまいち迫力不足。
元ドラマーの私としては、チョットがっかり。
On Stageと同じ時期の1976年のライブなので、アレンジなんかも大体一緒。これならOn Stageのほうがおすすめです。こっちはアナログLPしか持っていないのでそのうちCDを買いたいですね。

今回は残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.20

VHS to DVD は一日にして成らず(4)

VHS to DVD は一日にして成らず(3) のつづき。
注文して待つこと約1週間。
とその前に、TVキャプチャーをどうするか。
安く上げるならソフトエンコードのPCIキャプチャボートが一番ですが、PCIはなぁ~。USB2の外付けの方が場所はとるが後々ノートパソコンをもし買うことがあったら、またはキューブ型で内蔵させるのに困ったりするのはいやだし・・・。という訳でUSB2の外付けに決定。

やっぱり高画質ならカノープスという先入観で、モデルが変わって安くなったMTU2400FXを購入。値段は2万円後半?(1年チョット前なので正確には覚えていません)阪神優勝セールで+3%ポイント還元があったヨドバシで買いました。

で、今まで使っていたパソコンを嫁さん用にと考えていたので、新しいのとLANを組むためにNICとHUBをついでに購入。と言うかこれの予算を見てなかったので予算が・・・。まぁ安いのでいいやっ、でIO-DATAのNIC(1000円未満)たしか100/10BASEのもの。(この選択が失敗で後々手間がかかることに・・・)HUBは5ポートで3000円未満。両方で4000円未満(のはず)。
どんどんお金がなくなっていく・・・。

狭い部屋にモニター2台置く気もお金も無いので、CPU切り替え機も購入。安くなったとはいえ(出始めはウン万円してたよなぁ)1万円弱。

トータル5万円弱もの散財。泣きそうになりながら、でもチョットワクワクしながら帰路につきました。

が、まだまだ散財が続くとは・・・。

(まだつづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.18

そりゃ無いぜ三木谷社長!

三木谷社長、考え直してはくれませんか?
プロ野球「楽天」チームの応援歌がモー娘。ですか・・・。
こう言っては何ですが、人気絶頂の頃ならまだしも、今の時期にモー娘。を使うというのはあまりにもセンス無いんじゃないですか?
大体GMのキーナート氏は、TVのスポーツ番組にくだらないアイドルが出ることを事あるごとに批判してきた人じゃないですか。スポーツにスポーツ以上の感動はないですし、必要ないです。
何度も言いますが、よりによって今時ピークを過ぎた落ち目のモー娘。でなくても・・・。
このままじゃ、Livedoorがいないから(真似できないから)センス無いじゃんっ!なんて言われかねませんよ。
ホリエモンならもっと奇抜で面白い事してくれたのに・・・、なんて言われちゃかっこ悪いでしょっ。
だからせめて来年1年ぐらいであきらめてください。
応援歌は「六甲おろし」のように永遠に受け継がれてナンボなんですから。頼んます。

モー娘。ファンの皆様、別に悪気があるわけではありませんので怒らないでくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.12.15

ザスパ激勝!

天皇杯5回戦、ザスパ草津、横浜MのVゴール激勝!
ザスパ草津、初めて見ましたが、なかなか良いチームじゃないですか。
J2でもがんばって欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルマ・ソングズ ミュージック・フロム・ダンサー・イン・ザ・ダーク

セルマ・ソングズ~ミュージック・フロム・ダンサー・イン・ザ・ダーク
セルマ・ソングズ~ミュージック・フロム・ダンサー・イン・ザ・ダーク

欲しいと思っていたが買いそびれていたCD。
3曲目の"I've Seen It All"が一番お気に入りですね。
再発されたので買いました。

映画自体は「悲しすぎる」話でしたね。涙をこらえるのに必死でした。

限定盤ということで急いで(定価で)買ったのですが、いつのまにかAmazonで10%Offになってるじゃんっ!!
ガックリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.14

Free Spirit 1979.07.14


Free Spirit 1979.07.14
Free Spirit 1979.07.14

幻のLiveの完全版。Charのファン、いや、Rockファンなら聞くべし!
チューニングがずれてるのやら、演奏がずれてるのやら、曲を途中で止めて興奮した客をなだめるのやらが、そのまんま手を加えず収録されています。
日本でギターヒーローという言葉がしっくりくるのは、やはりCharが一番。
「ロックアイドル」から、真のRock Hero に生まれ変わったLiveです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.12

VHS to DVD は一日にして成らず(3)

VHS to DVD は一日にして成らず(2) のつづき。
で、TWOTOP大阪日本橋店に到着。
即納モデルをまず吟味。発注して物が届くまでにパーツの値段が下がるのは悔しいので、基本的にその場で持ち帰るか、(車は無いので)宅配してもらえるものをと考えていたのですが、即納モデルだとやっぱり微妙に気に入らないパーツがあり、値段も普通なので、悶々と悩む。
結局パーツを全部一から選んで組み立ててもらうことに。まぁ自分で組み立てても良かったんですが、最近はPCいじりは邪魔くさく感じ、チョット億劫だったし、一応妻帯者なのでそんなことばっかりしてると・・・、なのでお店で組んでもらうことに。

で、パーツ選びです。
事前にWEBの見積もりでだいぶ予算オーバーだったので、チョットでも店頭価格のほうが安ければとの思惑があったのですが、まぁそんなに差があるわけでもなく、しかも逆にチョット良いパーツを選んでいって予算がさらにオーバーする羽目に。

CPU
2.6GHzのまま。予定通り。
メモリー
512MBでまぁいいか、と思ってたけどえぃっ、この際と1024MB(PC3200)。約10,000円オーバー。
VIDEOカード
RADEON9600PRO(256MB)。3Dゲームも無いので約10,000円オーバー。というか無駄。
ケース
静音ケースを薦められるままに・・・。約10,000円オーバー。(静音ケースを希望したのはしたのですが)
マザーボード
IEEE1394やら、RAIDやら使わない機能もつけて数千円オーバー。
工賃
自分でやってもよかったかなぁ。○千円オーバー。

と、かなり気持ちが大きくなった買い物でした。(送料はたしかサービスしてもらったように記憶してます)
阪神も優勝するし、まぁエエかと満足して帰ったんですが、この後さらに、さらに出費がかさむとは・・・。
(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッズ 残念っ!

レッズ 残念っ!
特にレッズファンと言うわけではないのですが、J開幕当時を知るものにとって「あの」レッズが優勝!と言うのは感慨深いものがあります。
1点取っただけで喜んでたのに・・・。
そのレッズを負け犬から戦うチームに変えたのが、誰あろうブッフバルト(当然選手として)。確かにあれから変わりましたからねぇ。
そしてそのブッフバルトが監督になって1年でステージ優勝。年間王者にはなれなかったけど、攻撃的で面白いサッカーをしてたし、おめでとう。残念だったねっ、と言いたい。
「Jのお荷物」とまで言われても、「熱い」サポーターのおかげでここまでできるということを示してくれて、他のチームのサポーターも希望が持てるよね。
「鹿島」「磐田」時代が長かったので、これからはいろんなチームが優勝争いできるようにがんばって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.10

またイバラの道か

サッカーのアジア最終予選の組み合わせが決まりましたが、いやぁ~キビシィ
イランにバーレーンに北朝鮮。
アジアカップで苦しめられたバーレーン、いろいろな点でビミョーな北朝鮮。
そしてなんと言っても最後に立ちはだかる壁はイラン
過去何度もイランに苦しめられましたからねぇ。
フランスワールドカップ予選でのジョホールバルでは、イランの調子がもう一つだったから何とかゴールデンゴールで勝てたけど・・・。あの後のイラン対オーストラリアのプレーオフはすごかった。完全なアウェーでオーストラリアを撃沈したイラン。
あれがもし当時の日本だったら、あの雰囲気の中で勝てたかどうか。
ドーハでも日本の夢を打ち砕いて、そんなイランと同じ組というのは、やっぱり因縁ですかね。

がんばれ日本!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.12.08

VHS to DVD は一日にして成らず(2)

VHS to DVD は一日にして成らず のつづき。
まずはパソコン選びから。(2003年夏ごろの話ですが)
スペック的には、動画編集も視野に入れて、それなりにパワーのあるものをっ!ということであとは予算との相談。

メーカー物のパソコンは価格と性能が中途半端なものが多かったので、ショップ物か、直販物かで悩みました。過去2台がショップブランド(TWOTOP VIPパソコン)と直販(最近帰ってきたGateway)だったので特に抵抗なし。

直販だと、DellかEpsonDirectぐらいしか思い当たらなかったので、この2つで比較してみることに。う~ん、国内メーカー物よりは価格性能比はよいが、結局あれもこれも付けると結構高くつくんですよね。送料がバカにならないし。
BTOで自分だけのカスタマイズができるといっても、やっぱり物が限られるし、ショップで買うよりは値段もチョット割高だし・・・。

ショップブランドだと、TWOTOPか、ドスパラ、パソコン工房が候補。
自分の中ではTWOTOPが一番ブランドイメージが良いのですが、2代前のパソコンを購入してから、次々と買収され今ではパソコン工房傘下になってしまい今後のことがチョット不安。
日本橋にできたころの激安を知る者としては、悲しいような、応援したいような・・・。オリジナルPCケースの見た目も気に入ったのでとりあえずWEBでVIPパソコンの見積りを。

まずはCPU。
IntelとAMDのどっちにするか。過去2台がAMD(K6-233とAthlon-700)だったので、今回は久しぶりにIntelのPentium 4に決定。
後で触れますが、キャプチャーをUSBの製品にしようと思って、一応「互換性」の問題で悩みたくなかったので(基本的にもん体内と思っているのですが)。
周波数はいろいろありすぎて悩みました。最近はもうコアの名前やらなんやらよく解らないので、当時価格性能比で一番値ごろだった2.6GHz(FSB800MHz)を選択。今となっては、まぁ普通ですかね。

次にメモリー。
512MBでも良いかと思いましたが、奮発して1024MB!。チョット予算オーバー。
しかし今となってはそんなに贅沢な仕様、ってことも無いですね。

HDDは160GBぐらいで十分。7200回転の流体軸受けモデル。SATAにするかどうかは値段によるなぁ。

グラフィックカード。
ATIかNVIDIAか。当時GForceは「熱い」ために冷却が大変だという感覚があり、また「静音」がキーワードであったので少しでも発熱が低いものをということで今回はATIに決定。
本当はローエンドモデルで十分だったんですが、3D-Gameもしたい(するかもしれない)ので、またまた奮発してRADEON9600-PRO 256MB。予算かなりオーバー

光学ドライブ。
当時、HITACHI-LGのDVD-R,+R,-RW,+RW,RAMで-R,+Rが4倍速のドライブがちょうど出てきて大人気。当然ドライブはコレッ、と思ったのですが品薄で割高。結局IO-DATAのABN4に。

ケースはTWOTOPオリジナルのケース。これがメンテナンスし易そうで見た感じ良いんですが、高い!

OS はXP Home で。

さあナンボっ!
・・・・・・げっ。予算(大幅)オーバー。
キャプチャカードも要るのに・・・。

と、そんなこんなでいろいろ悩んでるうちに、2003年といえば阪神タイガース
TWOTOP大阪店で阪神優勝(するだろう)セールがあると言うことで、エ~イ、買いに行ってしまえ!!!と半ば勢いで日本橋に走りました。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.06

Mr.インクレディブル観ました

Mr.インクレディブル観てきました! 3DCGの技術の進歩が堪能できました。すごいですね~。 イノセンスでも感じましたが、あのリアルな質感は恐ろしいほど。お金掛かってるんだろうなぁ、と思いますが、ハリウッドでは実写のアクション大作を1本作るよりは遥かに安くつくらしいってのも違う意味ですごいですもんね。日本では考えられません。

ストーリーは、まぁいかにもアメリカのホームコメディって感じに、ハラハラドキドキをプラスしていて単純に楽しめます。
音楽も小粋でカッコよくてGOODでしたね。やっぱり家族みんなで見るのにおすすめです。

がっ!

穿った見方をすると、いかにも保守的なアメリカの白人層へのプロパガンダととれなくも無い内容で・・・。
当然「スーパーヒーロー」はアメリカそのものであり、つまり、
世界を平和に導くのは「スーパーヒーロー」なんだっ!
そのために街がチョット壊れたからって文句言うなっ!
命を助けてやったのに首が痛いだのって訴えやがって!
俺は「正義の味方」だっ!
なんで「正義の味方」の俺たちのことをわかってくれないんだっ!
いや、最後には解ってもらえるんだっ!
等などというメッセージが込められているような気がして、チョットお腹いっぱいって感じ。
最初に出てくる強盗がフランス人の設定って言うのもなんか意味深だし、敵役もただのずる賢い子供で「敵は自分たちに比べてとるに足らない相手」として描かれて、「敵」に対するアメリカ人の本音が描かれているような・・・。

こういう映画を子供のころから見て育つと、上記のようなメッセージが刷り込まれていくんでしょうかね。
まぁそれが文化ってもんなんでしょうが。

かなりヒネクレてますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.04

VHS to DVD は一日にして成らず

皆さんこんにちは。
このblogは過去に録りためたビデオを、DVDへ焼きなおす過程を残して行こうと思い始めました。
昔録画した、懐かしい、または今までほったらかしで初めて見たビデオを紹介していきたいと思います。

「VHSをDVDへ !」

2003年ごろから本格的にHDDを搭載したDVDレコーダーが一気に普及し始め、「家も今のビデオが壊れたら・・・」などと思っていたのですが、ふと気づくと過去約20年間録りためたVHSはどうしよう・・・。捨てるには忍びない貴重な映像が、少なくとも自分にとってはかけがえの無いビデオがこのままではごみになってしまう。
そう思うといてもたってまいられず、何とかせねば、と思ったのが2003年の夏ごろ。普通なら、DVDレコーダーを買って・・・となるのですが、その頃HDD+DVDのレコーダーもそれなりの値段で出ていましたが、いまいち欲しいと思うほどのものが無くて。なんといっても「HDD」の部分がどうも・・・。
コンピュータに慣れ親しんでいると、「HDD」ほどの消耗品も、価格性能比が劇的に下がるものが無いと言うのがよく分かっているので(現に当初80GBが標準だったのが、今や160GBから250GB、果ては400GBなんてのもありますから)、自分で「HDD」を交換できるようになるまではなぁと思っています。

で、やっぱり編集もしやすいだろうし、ちょうどパソコンも買い替え時だしと(半ば強引に)、DVD焼き用のパソコンを新調して、「焼きまくる」ぞ!と言うのが始まりです。
しかし、これが、なかなか、タ・イ・ヘ・ン。
まぁその辺はおいおい紹介していきます。

結局2003年の秋ごろから1年間で約80枚のDVDを焼きました。
このペースだと、実家の押入れに眠る数百本のビデオを焼き終えるのはいつ頃になるでしょうか。
気長に、でも急いでがんばります。
早くしないと、数百本のビデオが「邪魔じゃっ!」と捨てられるのが早いか、テープが劣化するのが早いか、VHSのデッキが潰れるのが早いか。次世代DVDになってるのが早いか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年1月 »