« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005.01.25

自己否定か?

Apple iPod shuffle売れているみたいですね。

こちらはビミョウのエントリーにも書きましたが、曲名がわからない、次の曲もわからないって言うのは普通に使う分にはどうなんでしょうか。
iPod等のデジタルオーディオプレイヤーの長所として、MDと違って曲名などのデータをCDDBなどから自動でダウンロードできることをウリとしていますが、(実際そういうところをプッシュしているサイトもありました)液晶リモコンも無いiPod shuffleでは、その辺のアドバンテージが無いのではないでしょうか。
「パソコンにはちゃんと表示されてる」って言うんじゃいみないしねぇ。

この辺はGoodbye MD!キャンペーンを行ってきたAppleにとって自己否定というか、矛盾してるんじゃなんでしょうか。

ちょっと考えすぎ?

因みに、私はCDDBをあまり信用していませんが(微妙な間違いがあったりして結構がっかりすることがある)、皆さんはどうですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.24

FRANK ZAPPA'S 200 MOTELS

鬼才FRANK ZAPPAが1971年に作った映画。
内容は下品で、猥雑で、シュールで、意味不明。少なくとも私には。
この内容で、頑固そうなオーケストラのおっさん(失礼)が黙々と演奏しているのが、すごいです。よく断らなかったなって。って言うか断れよって感じ。
しかし、ザッパのカッコイイギタープレイが聞ける曲もあるので、好きな人は・・・、ザッパが好きな人は内容も好きなのかな?
さすがにDVDも出てないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.21

Emerson Lake & Powell

80年代半ば、大物ロックバンドの再結成がブームになった頃、唐突に結成されたバンド。
Palmerの代わりにPowellと言うのは、安直と言うかなんと言うか。コージーファンにとっても嬉しいような、「なんだかなー」と言うような当時は複雑な感じでした。
当時、ラジオでライブの模様がオンエアされ、その内容は結構良かったので、レンタルして聞いた覚えがあったのですが、今回改めて聞くと、まぁ良いんだけどなんかちがうなぁって感じですね。
大御所プログレバンドのメンバーが寄せ集まって結成されたエイジアや、再結成されたイエスなど、いずれもかなりポップな曲が主体(アルバムは知らないが、少なくともシングルは)で、往年のプログレファンをがっかりさせていましたが、このアルバムはそこまでポップではないですが、恐怖の頭脳改革と比べればねぇ・・・。

今回US版を購入したのですが、Bonustrackの「The Loco-Motion」!この3人でそれは無いやろっ!

そう言えば、このアルバム1枚のみで結局Emerson Lake & Powellは活動を停止するのですが、後年コージーのインタビューのなかで、「アルバムとツアーの契約がまだ残ってるんだけどね」みたいなことが載ってましたが、それも叶わずじまいですね。
合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.18

Alchemy Live / Dire Straits

渋いっ!
その一言に尽きます。

このバンドはBrothers in Armsが有名ですが、それ以外は中年のオッサンがしゃがれた声でささやくように歌うスタイルで、なかなか日本では流行りそうに無いですね。これもDVDはおろかVIDEOでも手に入らないみたいです。CDは何とか手に入るようですが。

それでも内容はなかなかすばらしく、思わず聞き入ってしまう魔力はあります。
ギタープレイも独特のフィンガーピッキングで、ギタリストには勉強になると思います。
でもやっぱり渋すぎっ。

昔このバンドが好きな先輩がいたので、アナログLPを借りたはずなのですがあまり覚えていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.16

こちらはビミョウ

こちらも噂になっていたシリコンメモリーのiPod。ついに発表されましたね。その名も Apple iPod shuffle

Apple iPod shuffle 1GB M9725J/A

こちらも思い切った機能の切捨てで低価格を実現したシリコンメモリー版iPod。
こっちは自分的にはビミョーですね。
あまり音楽をshuffleして聞くという習慣が無いもんで。アルバム単位で聞くか、好きな曲だけMDにダビングして聞くかなのでねぇ。
MDに曲名などは邪魔くさくて付けないですし、MP3プレーヤーはいまだにRio Voltの一番初期型(CD-Rに焼いて使うヤツ)なので、曲名がまぁ判らなくても最悪我慢しますが、アルバムを選んで聞いたりできないのはちょっとねぇ。
ビミョー。

まぁ1GBのUSBメモリーだと思えば、音楽も聴けてこの値段なら全然高くないので損はしないと思いますが。
でもやっぱりビミョー。やっぱりもうちょっとお金出してApple iPod 20GB の方が価格性能比は良いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.15

これなら欲しい!

噂になっていた低価格のMac。ついに発表されましたね。その名も Apple Mac mini
Apple Mac mini (1.25GHz, 40G, 256, Combo, 56k, E) [M9686J/A]

もう皆さんもご存知のとおり、ネット上では「欲しい」、「衝動買いした」などの声が多数ですが、当然私もこれなら欲しい!
絶妙な価格とコンセプトはさすがApple。
やっぱり大胆なデザインと、思いっきり切り捨てるところは切り捨てる所は、ハードとソフトを自社で一手に開発している強みですね。PCですとオープンな仕様で自由度が高い分、互換性という足かせが逆に自由度を奪って、「低価格=安物」しかなかなか出てこないですからね。まぁ低価格でも拡張性と互換性を望むユーザーが多いのも事実ですから。それはそれで仕方ありません。
だからこそMacでは、過去のしがらみや拡張性なんてのは二の次で、価格とデザインを優先する思い切ったマシンが作れるんですね。

G4の1.25GHzがどの程度の物か良く判りませんが、セカンドマシンとして使う分には恐らく全然ノープロブレムのはずですから、PCユーザーの初めてのMacとしては最適じゃないかと思わせるマシンで、Hitしない訳ないんじゃないか思います。

でも上位機種のメモリーは512MBの方がよかったんじゃないのかなぁ。PCと違って自分では交換できないんだから。

でもでも僕も欲しい~。
昔、ローバーのMiniが好きで乗っていた者にはminiという言葉自体に反応してしまいますしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.10

VHS to DVD は一日にして成らず(5)

VHS to DVD は一日にして成らず(4)のつづき。

誤算(1)

DVD焼き用のPCを購入したのが2003年の9月中ごろ。この頃はインターネットに繋ぐだけで感染するウィルスが猛威を振るっていた時期。それまで使用していたPCはWin98SEだったので、あまり気にせず使っていたのですが、
当然新しいPCはXP搭載機。それでまず行わなくてはいけないのがパッチを当てること。

で、ADSLのセットアップだけしてWindowsUpdateを実行・・・。

ピッ、と言う音とともにコンピュータがリセット

マジッ!
ウィルス恐るべし!もう感染か?一瞬じゃん!
先にセキュリティソフトをインストールすべきだった・・・と言うのも後の祭り。
急いでインストールして、最新のウイルス定義ファイルをダウンロード・・・と思っても落ちる落ちる。

何度かやっているうちに何とか定義ファイルのダウンロードに成功して、スキャンするも問題なし。
しかしインターネットに繋ぐとリセットされる状態は変わらず。

当時アッカのADSLで1.5MプランでルーターではなくUSBモデムを使用していたので、こっちが故障か?とも思ったのですが、古いPCでは問題なく繋がるので、もうお手上げ状態。
これが最初の誤算
まぁまだ何もセットアップしてないから、XPを一からインストールして始めからやり直そうと思い、XPのCDを入れて再起動。しかしこれが結局悪夢の始まりでした・・・。

(まだまだつづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.09

僕の彼女を紹介します

僕の彼女を紹介します を見てきました。

映画館は結構年配の方も多く、「韓流ブーム」恐るべし!って感じでした。
いや~、チョン・ジヒョン 。いいですねぇ。いっぺんで好きになってしまいました。
気が強いけどかわいらしく、負けん気は強いけど好きな人には一途で。キュートという形容詞がぴったりな彼女。「猟奇的な彼女」も見たくなりました。

で、肝心の映画ですが、チョン・ジヒョンに尽きますね。結構中盤はバカップルのお惚気が続いてダレる感じもあります。が、それ以降は一気に「泣かせ」モードに突入。映画館でも鼻をすする音があちこちで聞こえていました。決して寒かったからではありません。隣で嫁さんも泣いてました。
僕が一番きたのは「白いピアノ」のシーンですかね。

でも、あの「事故」と「事件」はトートツすぎるんじゃないの?力ずくで「泣かせ」モードに突入させすぎじゃないの?

でもそんな細かいことはチョン・ジヒョンの魅力の前では無力ですね。

今年一番の映画鑑賞としてはGOODでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.08

トリプルX

トリプルX
トリプルX

今更ですが、これもWOWOWでの放送を録画していたのをやっと見ました。

ハリウッド映画のネタ枯れが指摘されて久しいですが、これもそんな映画のひとつかも。

だって極悪人が自分の罪を無罪放免にする変わりに、自国のために政府の裏の仕事をすることを強要されるっていうシチュエーションですよ。10年以上前にニキータでも使われているシチュエーションですよ。
また、ロシアから流出した大量破壊兵器から世界を救うって言うのも、アンソニー・ホプキンスが老体に鞭打ってアクションに挑んだ9デイズと一緒(こっちもひどい映画でしたが)。プラハが舞台となってるのもまんま一緒。街のチンピラがCIAに協力するのも一緒。
大丈夫かハリウッド。

大体極悪人のはずの主人公ですが、少なくとも映画の中ではそんなに悪いことして捕まってないし、極悪人が正義に目覚めて政府の仕事を「ハイハイ」と聞くのも白々しいし、普通どうにかして逃げようとするんじゃないの?
絵に描いたような悪役のボスと、どう考えても訳ありげなボスの女。当然その女といい関係に・・・。そしてその女の正体は・・・。
もう勘弁してくださいって感じで見ちゃいましたね。

まぁ深く考えなきゃ、まぁまぁ楽しめるんですけどね。でも先が読めすぎ。
Amazonでは高評価なのが不思議なくらいに感じました。
続編は無いでしょうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.07

メイド・イン・マンハッタン

メイド・イン・マンハッタン
メイド・イン・マンハッタン

これもお正月休みを利用してWOWOWの放送を録画していたの見ました。

ロマンチック・コメディそのまんまの内容でした。当たり前か。
アメリカ映画はこの手のものはお得意ですね。安心してみていられます。
また、それを演じられる女優さんがおおいんですよね。

日本では絶対できないジャンルの一つですよね。
日本人がやると、ミョーに見てるほうが照れるって言うのもありますし、安っぽいトレンディドラマ(死語)見たいになっちゃうんですよね。
やっぱり外人さんだから見ていてもイヤミじゃないし、ハッピーエンドでも清々しいんですよね。

でも、どんなに「イヤな」客でも、勝手に人の服を着ちゃまずいっしょ。そりゃクビにもなりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲロッパ !

ゲロッパ ! GET UP スペシャル・エディション
ゲロッパ !

明けましておめでとうございます。
ってちょっと遅いですが。
がんばって更新していきます。

で、今年のお正月は家でのんびりしていたのでWOWOWで放送されていたのを見ました。

西田敏行のキレた演技(キレのあるではありません)と、キレの無い踊りが見ものです。
まぁ楽しい映画ですけど、無理がありすぎるかなぁ・・・。
基本は家族の絆を取り戻すという話ですが、「そんなことで許してエエの?」って感じ。

あと、有名人がチョイ役で出演していますが、それも2~3人ぐらいならまだしも、ちょっと多すぎ。

お正月に家族で笑って見るにはちょうど良かったですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »