« ゼブラの呪い | トップページ | だめでしたね »

2005.05.08

AWS ECS4.0に挑戦してみる(5)

いよいよXSLの作成に取り掛かります。
まずECS3.0。
必要なデータはAWS ECS4.0に挑戦してみる(3)より、

  • ASIN:ProductInfo/Details/Asin
  • CDタイトル:ProductInfo/Details/ProductName
  • アーチスト:ProductInfo/Details/Artists/Artist
  • イメージ(Medium):ProductInfo/Details/ImageUrlMedium



<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<xsl:stylesheet
xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform"
version="1.0">
<xsl:output method="html"/>
<!-- ここまでは何も考えず -->
<!-- ルートノードに対するテンプレート -->
<xsl:template match="/">
<html xml:lang="ja" lang="ja">
<!-- 変換後のHTMLを書いていく -->
<head> <title>ECS3.0 Sample XSL </title> </head>
<body>
<!-- ProductInfo/Detailsに対するテンプレートを呼び出す -->
<xsl:apply-templates select="ProductInfo/Details">
</xsl:apply-templates>
</body>
</html>
</xsl:template>
<!-- ProductInfo/Detailsにテンプレート -->
<xsl:template match="ProductInfo/Details">
<!-- タイトルとアーチスト名 -->
<xsl:value-of select="ProductName" /> /
<xsl:value-of select="Artists/Artist" /><br />
<!-- 確認用にAmazonにリンク -->
<a>
<xsl:attribute name="href">
<xsl:value-of select="@url" />
</xsl:attribute>
<!-- 確認用にイメージをリンク -->
<img>
<xsl:attribute name="src">
<xsl:value-of select="ImageUrlMedium" />
</xsl:attribute>
</img>
</a><br />
<!-- blog用にリンクのコードを作る -->
ここからコピーして張り付ける <br />
&lt;img src="

alt="<xsl:value-of select="ProductName" />"
style="border: none;" /&gt;
<br />
&lt;a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/
<xsl:value-of select="Asin" />
/fly2themoon-22" &gt;
<xsl:value-of select="ProductName" />
&lt;/a&gt;
<hr />
</xsl:template>
</xsl:stylesheet>


と、最低限はこんな感じ。

変換後の結果はこんな感じ
サンプルのXSLファイルは→ecs3-sample.xsl

|

« ゼブラの呪い | トップページ | だめでしたね »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AWS ECS4.0に挑戦してみる(5):

« ゼブラの呪い | トップページ | だめでしたね »