« あけおめ! | トップページ | ニコンよ、お前もか! »

2006.01.08

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

お正月休みにタダ券でハリー・ポッターと炎のゴブレットを見てきました。
原作は読んだこと無いんですけどね。
映画のほうは「賢者の石」「アズカバンの囚人」は見ています。
なぜか第2作の「秘密の部屋」は見ていません。

で、映画のほうですが・・・。
原作を読んでいないのでなんとも言えませんが、かなりの長編を無理に縮めた感じは否めなく、内容的にはどっちつかずの中途半端なものになっていますね。
今回、「ハリーの初恋」についてもお飾り程度に描かれているだけ。まぁ原作は知りませんがね。
映画のメインを「ハリーの初恋」か「3大魔法学校対抗魔術合戦」か、「仲良し3人組の友情の行方」か、いよいよ始まる「ヴォルデモ-ト卿との戦い」かのいずれかにもっと絞ったほうが「映画」としては良かったでしょう。

前作の「アズカバンの囚人」でも、シリウス・ブラックに付いての描写が少なく、
(たしか)「史上最悪の・・・」等と形容されていましたが、どの辺が?って言うのが原作を読んでいない者にとっては「?」でした。
今回もそういう意味では同じですね。
「炎のゴブレット」自体にも大したオチが無かったですし。
映像的な見所も・・・はっきり言って見慣れてしまって、もうどうってこと無かったですしね。

次回作は思い切って映画も前編・後編の二作組みで良いのでは?

|

« あけおめ! | トップページ | ニコンよ、お前もか! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハリー・ポッターと炎のゴブレット:

« あけおめ! | トップページ | ニコンよ、お前もか! »